2017年01月01日

「ゴーイング・ホーム」私見(10)

「啓示の瞬間」では、死後の意識を体験した後、宇宙と一体化した状態から意識を縮小していく。最初の拡大と反対のコースをたどり、太陽系の大きさから、地球や月を抱える大きさ、ついには物理的世界であるローカル1に戻ってくる。最後にフォーカス1の覚醒した状態に導かれる。
 ところが、「通行権」では宇宙大へ意識を拡大する過程は省略される。その分、死後の意識を体験することができる。フォーカス23は通過して、フォーカス24から26の宗教的な信念領域を覗いた後、フォーカス27へ移動するように導かれる。
 通常の意識であるフォーカス1に戻りたければ、心の中で「1」と唱えて指を動かすように求められる。これは「ゲートウェイ・エクスペリエンス」を体験した人にはなじみの方法である。その代わり、フォーカス1に戻る誘導はない。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:04| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする