2017年01月31日

ぼくはネコなのだ(9)

 それから母ちゃんと兄貴、ぼくの三匹に、極ネコおじさんの共同生活が始まった。とはいっても、えさの時間以外は、目を細めてにらむおじさんの顔がこわくて、兄貴と一緒に通りの向かいの草むらに避難していた。
 そこにしっぽが長くて、白いライオンみたいに立派な毛並みのネコが、また通りかかった。
「あ、あのネコだ」
 兄貴そっくりだけど、顔はおじさんだったから、起こして教えてあげようとしたんだけど、兄貴は日なたで引っ繰り返っていた。
「ぼくの父ちゃんはどこにいるんだろう?」
 兄貴に問いかけると、眠そうな目をこすって、他ネコ事みたいに答えた。
「あの白に黒縞の極ネコ、母ちゃんと結ばれたみたいだから、僕たちは連れ子になったんだよ。だから、義理のお父さんってわけさ」(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:40| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

Visuddha - Express yourself

 Amazonプライムで見られるチャクラ関連のビデオの一つである。喉の位置にある第5のチャクラ、ヴィシュダ・チャクラを活性化するためのビデオで、言葉によって自己表現ができるようになるという。
 ビデオに映し出されているのは、宇宙の星雲だろうか。ゆっくりと回転しながら、新たな星々を生んでいく。チャクラの色は深い青であり、自分自身が生成する宇宙であるとイメージすればいい。
 音は741Hzのバイノーラル・ビートで、真言である「ハム」の音が響いてくる。ヘッドフォンで響く「ハム」に合わせて、自分でも「ハム」と唱えて、チャクラの振動を増幅していくといい。真言を覚えることで、いつでも活性化できるようになる。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:24| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

ぼくはネコなのだ(8)

「この子たちは何日も、ほとんどえさを食べていないんです。あなたにだってネコの心はあるでしょう? こんな小さな子たちに譲ってあげようなんて気は起こらないんですか?」
「言うね。そりゃオレにだってネコの心はあるさ」
 極ネコのおじさんは、意外に物わかりが良かった。えさの入ったお皿の場所からどくと、兄貴とぼくを玄関の方に入れてくれた。
 ぼくたちが頭突きしながら、えさにぱくついていると、何だか妙な具合になった。母ちゃんの背中の方から、白に黒縞のオヤジさんがのしかかり、母ちゃんが変な声を出しはじめたからだ。
「兄貴、母ちゃんがおかしいよ!」
「うまい、うまい。モグモグ……」
 兄貴は食べるために生きているんだろうか。何だか情けなくなってきた。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

 
posted by 高野敦志 at 10:53| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする