2016年12月24日

黒部峡谷パノラマ展望ツアー(2)

 いよいよ旅も大詰めである。朝食を食べてホテルをチェックアウトした。9時半に黒部峡谷鉄道の宇奈月駅2階に集合。第3陣のツアーに参加するためである。完全予約制なので、当日いきなり加わることはできない。参加を希望するなら、次のページ(http://kurobe-panorama.jp/order/)を参照しておこう。行きと帰りに乗る便は決められており、食事をする時間もないから、欅平に戻ってきてから自由に取るようにということだった。

 1937年(昭和12)に開通した黒部峡谷鉄道は、黒部ダム建設の資材や人員を輸送するために造られた。正式に旅客運輸を始めたのは、1953年(昭和28)からである。豪雪のために、12月から4月中旬まで運休する。乗車するのは今回が2度目。最初は2001年(平成13)、まだ30代の頃だった。
 車両は吹き抜け窓のトロッコで、男性が座るにはやや窮屈である。全線電化されており、トンネルの壁も多くがコンクリートで固められ、雪囲いも鉄骨で支えられている。無人地帯を走るので、多くの駅は通過する。単線で反対方向の列車が擦れ違うため、無人駅に停車するのである。所要時間は1時間半弱。沿線の風景については、「立山黒部アルペンルートの旅」と重複するので割愛することにする。
 それと比べれば、大井川鐵道井川線の方が、同じく工事用に敷設されたトロッコでも、野性味を多く残している。アプト式の区間を除けば、電化はされずにディーゼルカーが牽引する。トンネルの大半は、爆薬で吹き飛ばしながら掘り進んだまま、岩盤の凹凸から地下水がしたたってくる。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 11:04| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする