2016年12月17日

正木晃の『性と呪殺の密教』(2)

 現代チベットの仏教僧侶も、宗教をビジネスとしている側面があるが、それは不毛な高原の国に生きるチベット人が、厳しい自然環境の中で体得した知恵だという。しかも、ドルジェタクが生きた中世のチベットでは、僧侶が自身の宗派の生き残りをかけて、呪殺を繰り返していたという。高僧を呪い殺す験力が、宗教者としての名声を獲得するには不可欠だった。
 そのためには、並外れた生命力が必要で、うら若い少女とセックスヨーガをして、精気を吸い取る必要があった。解脱するためだけだったら、在家の密教行者が妻を相手にしていればいいわけだが、敵の高僧を呪殺するためには、精気を吸い上げ続けなければならず、行者と同年齢の女性の場合、衰弱して病気になってしまう。それを防ぐには、十代の少女とセックスする必要があった。こうした面から見ると、随分てめえ勝手な仏教である。堕落した仏教というそしりもあながち的外れとは思われない。
 ドルジェタクが行った呪殺は「度脱法」と呼ばれる。「度脱」という語は、人々を煩悩から救うことを意味するが、「度脱法」では敵を呪殺して文殊菩薩の浄土に送り届ける。たとえこの世で呪い殺しても、罪を重ねる前にあの世で成仏させるのだから文句ないだろという論理である。
 日本の密教でも呪殺は行われていた。「調伏法」「降伏法」と呼ばれる。仏敵や反逆者を呪い殺すことは正当化されていた。ただし、チベットのように、験力を競い合うのが目的で呪殺が行われることは、珍しかったようである。雨乞いの祈祷をして、験力を競い合うことはあったが。呪い殺された相手が人々に危害を与える恐れがある場合は、神として祀ることで怒り狂う魂をなだめた。いわゆる御霊信仰である。その点では、仏教と神道が役割分担していたというわけである。


主要参考文献
 正木晃『増補 性と呪殺の密教』(筑摩書房)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:05| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

正木晃の『性と呪殺の密教』(1)

 チベットというと、ヒマラヤの麓に広がる高原の国。精神世界に価値を置いた祭政一致の国というイメージを抱く人が多いだろう。ニューエイジ系の音楽ビデオでは、ポタラ宮やチベット仏教の寺院、マニ車を回したり五体投地する巡礼が映し出される。西洋的な物質文化に辟易した人が向かうのが、インドやチベットである。
 しかし、どの国も表と裏の顔がある。チベット仏教にしても、現代人が知るのは、心の自由と身体の健康をもたらす面だけである。正木亮の『性と呪殺の密教』は、チベット仏教の闇の部分にスポットを当てた研究である。チベット仏教の経典は、日本人が知っているお経とは全く異なる。何とセックスによって悟りを得る方法が説かれているのだ。相手の女性は十代の少女が望ましい。セックスが行われる場所は墓場。女性の経血と自分の精液を混ぜて、弟子に飲ませるようにと書かれている。善悪の彼岸を目指すために、あらゆる道徳が否定される。それによって解脱が得られるわけだが、僧侶が守るべき戒律ではセックスは禁止されている。戒律を守る僧侶は解脱できないというジレンマを、後期密教は抱え込んでいるのである。
 現代のチベット仏教では、それが文字通り実践されることはない。大半の僧侶は顕教しか学んでおらず、密教の修行が認められるのは一部の英才だけである。経典は象徴的に解釈され、精液はヨーグルト、経血はサフランで代用され、少女とのセックスも瞑想中に現れた女神と、イメージの中で行うとされる。ただ、本書の主人公である怪僧ドルジェタクが生きた中世では、後期密教の経典に説かれたまま、文字通りの実践が行われていたとされる。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:53| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

「ゴーイング・ホーム」私見(4)

「不安の解消」では、「安全保管箱」に閉じ込めてあった箱を開ける。この箱は瞑想している間は不安を忘れさせてくれたが、根本的な解決にはなっていない。そこで、あえて不安に触れた後に、それを空中に向かって投げ捨てるのである。
 かつての日本では、子供が転んで泣きそうになると、母親は打ったところをさすりながら、「ちちんぷいぷい。痛いの痛いの飛んでいけ!」と呪文を唱えたものだ。それと同じように、不安を宇宙の果てに吹き飛ばすのである。今の日本人には、大気圏外に吹き飛ばしたい存在が多くあるが。それを4回繰り返すのである。
《ゲートウェイ・エクスペリエンス》のウェーブTには、「リリースとリチャージ」のトラックがあった。そこでも箱を開けて、泡のように上昇させて解放するというイメージ・トレーニングがあった。また、《ヘミシンクによる具現化》のアルバムにも、箱の中に光のエネルギーを注ぎ、不安を解消するというトレーニングがあった。いずれも目的は同じだから、自分に合った方法を取ればいい。(つづく) 

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:04| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする