2016年12月21日

「ゴーイング・ホーム」私見(7)

 ヘミシンクの体験は、禅で言う魔境のようなものかもしれないし、道教の修行のように、仏教の悟りの境地からすれば、迷いの世界にとどまっているのかもしれない。その一方、ロバート・モンローの体系では、仏教徒もフォーカス25の信念体系領域にとらわれているという。悟りを求めて執着しているということか。
 フォーカス26では、個人的な宗教体験をした人々が、排他的な世界を築いているとされる。ここでは何も感じなかった。そして、フォーカス27が《ゴーイング・ホーム》でたどれる最も高次のフォーカス。「公園」と呼ばれ、魂がしばしの休息を取り、次の輪廻に備えるところだという。今までは林のような、光が十分に当たらない世界だったが、フォーカス27になると大空が見えて、世界に広がりを感じた。フォーカス27にたどり着けた魂は、とらわれから解放されて、安らぎを感じるという。
《ゴーイング・ホーム》では、人々の声や楽器の音が、今述べたような幻像を誘導しているのだろう。だとすると、これは催眠誘導の一種ではないかという疑念も生じるが、ロバート・モンローの世界観を信じる人は、たとえ誘導しているにしても、そうした世界を死後の魂は体験すると主張するだろう。
 ここで、今までの疑問を整理するとしよう。第一に、「死後世界ツアー」のような体験が可能だとしても、それは生きている人間が見る幻像であって、死後の世界は実在しないという可能性がある。第二に、死後に魂が存在したとして、ロバート・モンローが提示したような形で、死後世界が現れるかどうかは分からない。というのも、死後の世界が精神世界だとすると、精神が想像したものがそのまま世界になるからである。とらわれの世界を抜けて「公園」にたどり着くのは、ロバート・モンローの世界観を信じる人だけかもしれないということである。(つづく) 

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:33| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

「ゴーイング・ホーム」私見(6)

「この世の端」の次は、いよいよ「死後世界ツアー」である。ベッドに横たわっていると、体温が下がっていくのを感じた。これは以前、ヘンリー川原氏の「臨死体験」(グリーン・エナジー) を聞いた時にも体験した。目をつぶっているのだが、色々な影が通り過ぎていくのを感じた。林の中を疾走している感じである。
 ガイドに従って、「あの世」の次元に移動する。本当を言えば半信半疑なのだが、ここでは思い込みが必要である。フォーカス22は昏睡状態や泥酔状態だというが、何も感じず通過した。フォーカス23は死んだばかりの人々が満ちているという。話し声らしきものが聞こえる。
 フォーカス24は原始的な宗教を信じる人が行くところ。ラテンアメリカ風の笛の音が聞こえ、焚き火の炎が見えた。フォーカス25はキリスト教や仏教、イスラム教などを信じる人が行くところ。インド風の音楽が聞こえ、マハトマ・ガンジーの顔が、ついで仏陀の涅槃図が見える。ジャングルで修行しているヨーガ行者もいる。どういうわけか、赤塚不二夫の顔まで見えた。そう言えば、『天才バカボン』の「バカボン」とは、「薄伽梵」=「お釈迦様」に由来するらしい。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:14| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

「ゴーイング・ホーム」私見(5)

「この世の端」は、《ゲートウェイ・エクスペリエンス》でフォーカス21と呼ばれる。《ゴーイング・ホーム》では、まず、リラックスしてフォーカス10に導かれ、次いで時間が存在しないフォーカス15に、続いてフォーカス21へ誘導される。その点、フォーカス12からいきなりフォーカス21に導かれる《ゲートウェイ・エクスペリエンス》とは異なる。
 フォーカス21はこの世とあの世の境界であり、自分を導いてくれるガイドや、亡くなったばかりの人に出会うことができるという。ただ、亡くなってしばらく経っている魂は、さらに上のフォーカスに移動しているという。
 自分にとって大切な人に、メッセージを送るように指示される。僕の場合、亡くなった父や祖母と会いたいという思いがあるから、あの世に逝った人のことを考えていた。しかし、《ゴーイング・ホーム》は患者用に作られている。本来の目的を考えるなら、患者と身内が同時にフォーカス21に赴き、互いにメッセージを送り合う。意識が現実に戻ってから、フォーカス21で相手に伝えたことが伝わっているか確認する。もし、フォーカス21でのやりとりが伝わっていた場合、患者や身内はテレパシーの実在や、死後の魂の存在を信じられるようになるだろう。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:08| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする