2016年11月21日

合掌造りはどちらがすごい(3)

 五箇山から車で移動する場合、白川郷までは一時間もかからない。前方に合掌造りの里が見えてきた。たしかに家屋の数では、五箇山を凌駕している。ただ、大量の自家用車と観光バスが押し寄せ、駐車するためのスペースがない。トンネルをくぐった先の寺尾駐車場に回され、そこから無料バスで白川郷に運ばれていった。
 道路は舗装され、合掌造りの多くは、観光客向けの商店となっていた。大型バスが到着すると、大勢の外国人客が降りてくる。繁華街でも歩いているかのようで、静かな山里の面影は失われている。現在でも人々の生活が営まれている五箇山とは、大違いなのである。
 白川郷は吊り橋を渡った対岸にも広がっていた。その奥には、合掌造りを二十数戸移築し、かつての白川郷の雰囲気を再現した民家園があった。その中に入らなければ、かつての姿を思い浮かべられないのが悲しい現実である。
 時間がかなり押していた。有料道路の白山白川ホワイトロードを進んだ。これは登山道のように、山岳地帯を走る有料道路である。途中の蓮如茶屋で車を止め、階段を上っていくと、白川郷展望台に出る。はるかかなたの下界に、合掌造りが数軒見える程度であるが、なるほど見晴らしがいい。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:25| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする