2016年11月14日

兼六園と金沢城(3)

 すでに午後四時半を回っていた。急いで金沢城に向かった。ただ、史跡としては見るべきものはあまりない。天守閣は1602年(慶長7)に焼失し、再建されることはなかった。藩主は三の丸に居住していたという。
 実は、金沢城趾は金沢大学のキャンバスとして使われていた。大学が移転した後、金沢城公園として整備された。石垣が補修され、門や櫓が再建された。ただ、石の組み方も規則的で味わいがない。壁や柱は新しすぎて映画の撮影所のセットを見ているようだ。屋根には多数のカラスが群れていた。要するに、金沢城で見るべき物はないということだ。
 午後五時に金沢城は閉まった。ひがし茶屋街に向かうことにした。そこには、将軍徳川家斉の文化年間の茶屋が残っている。江戸時代の歓楽街の趣が感じられる。日暮れ時で、今でも料亭として用いられている建物も多い。二階が客席となっているが、障子は閉められたまま、人の気配は感じられない。イタリア人やスペイン人の姿が目につくのも、東洋の文化に触れたくて訪れているからだろう。また、周辺には泉鏡花の記念館などもあり、文人が愛した町、金沢の一面が感じられる。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:59| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする