2016年10月31日

「ゲートウェイ・エクスペリエンス」私見(26)

 次に、「直感の発見」を行う。これはフォーカス12の状態で、閃きなど一瞬のうちに真実を知った体験を思い出し、それがどのような心理状態で行われたか、自分自身で検証し、いつでもそれが可能になるようにするのが目的である。
 複数の閃きの体験を思い出し、そこから共通する心理状態を取り出し、再現できるように訓練する。自分自身の発想を、日々の生活で実践している人にとっては、すでに修得している技術である。
 自身の深層意識に触れる状態には、「共時性」が関わっていることが多い。何も考えずに本を開くと、いきなり見たいページが出てくることがある。その時の感覚である。どうなっているか予想するとき、周囲の状況を見回す。天候や聞こえてくる人の声、辺りに漂う雰囲気に注意する。そこから、知りたいと思っている情報が、好転しているか悪化しているか判断する。深層意識では把握しているが、意識が知らない場合、知覚がどんなものに注目したかを見極め、推測を立てるのである。その後、自分の推測が当たっていたか確認すればいい。
 ちょっとしたアイデアを得るには、意識を前頭葉に集中する方法がある。顔を動かさずに、目だけ上を向くようにして、言葉が出てくるのを待つのである。ここで述べた方法は、僕自身が修得したものなので、他の人にとって有効であるかどうかは定かでないが。
 閃きを得る心理状態が分かったら、次の方法で条件反射的に、再現できるようにする。知りたい命題を思い浮かべ、その心理状態に移り、大きく吸って止め、「+知る」と唱えて息を吐く方法が推奨されている。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:33| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする