2016年10月04日

iPodの音楽をパソコンに転送できるか?

 パソコンが故障してしまった場合、iPhoneやiPodTouchに入っている音楽を、パソコンに転送したいと思う人は多いだろう。なぜなら、新しいパソコンのiTunesには、何もアルバムが登録されておらず、新たなアルバムを追加しようとすると、同期する際にiPhoneやiPodTouchに入っているアルバムが消えてしまうからである。
 iTunesの場合、著作権保護の立場から、iPhoneやiPodTouchの音楽をパソコンには戻せないようになっている。ただ、パソコンが故障してしまった上に、アルバムの一部をバックアップしていなかった場合、CDから音楽ファイルを作り直さなければならないし、聴きたいアルバムをいちいちiTunesに登録し直さなければならなかったりする。
 そこで、iPhoneやiPodTouchのアルバムをパソコンに転送したくなるわけである。Pod野郎というフリーソフトが存在するのを知っていたが、古いiPodにしか対応していないらしい。また、いくらフリーでも怪しげなソフトウェアは、新しいパソコンにはインストールしたくない。そこで、試用版はフリーで、本格的に使用する場合は有料のソフトウェアを紹介しよう。
 それがCopyTrans(http://www.copytrans.jp/)である。インストールしてiPhoneやiPodTouchと接続すれば、保存されているアルバムの一覧が表示される。その中でパソコンに戻したいアルバムのみチェックを残す。チェックを残したまま転送を開始すると、たちまち試用版の制限を超えてしまう。有料版はPayPalを通じて購入する。支払いが済むと、自動で制限が外れるので、CopyTransを起動させたままで待つ。制限が外れたら残りのアルバムの転送も行う。かなり時間がかかるが、すべて自動でパソコンのiTunesにアルバムを登録してくれる。
 パソコンに保存してあったアルバムは、重複での登録を防ぐような仕様となっている。一応これで作業は終了するのだが、iTunesのすべてのファイルを、パソコンにバックアップしておきたい場合、CopyTransを終了し、iTunesを起動して同期を行うことになる。これには相当の時間がかかるから、パソコンは放置して他の作業を行っていた方がいい。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:34| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする