2016年10月14日

「指宿」は「いぶすき」(2)

 福岡空港に着陸したのは午後七時過ぎ。その夜は友人の部屋に泊めてもらった。夜が明けると、小雨が降っていた。博多駅に出ると、午前十時十分の九州新幹線に乗車する。指定席は左右二列で前後の間隔もゆったりしている。茶系統のデザインでシックな印象である。しかも揺れが少ないから、東海道新幹線と比べて、乗り心地の差は歴然としている。ただ、防音壁とトンネルが多いので、車窓の風景は単調である。
 友人と話していたら、熊本駅が近づいてきた。この一ヶ月後に大地震に襲われることなど、知るよしもなかったが。その日三月十二日は、くまモンの誕生日だった。九州新幹線開通を記念して、熊本をアピールするロゴをデザインする話が、熊本の「くま」という言葉と、熊本の「者」を意味する「モン」を合わせたゆるキャラを誕生させる話に発展した。今や海外でも有名なゆるキャラ界のヒーローである。熊本城の天守閣が見えてきた。屋根瓦が落下する前の雄姿である。
 少し居眠りしたら、もう鹿児島中央駅に到着してしまった。光の強さが福岡とは違う。三月中旬といっても南国だから、もう春たけなわの陽気である。快晴だった。鹿児島は二度目であるが、ちょうど二十年ぶりである。そんなに時間が経ったという気はしないのだが。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:09| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

「ゲートウェイ・エクスペリエンス」私見(22)

 次の「5つのメッセージ」は、こちらから質問するのではなく、ガイドやハイヤーセルフなどから、今の自分にとって重要なメッセージを受け取る訓練である。あまり堅苦しく考える必要はない。「インスピレーション」や「勘」を働かせている人にとっては、普段から行っていることである。また、その後睡眠中に夢の形で、何らかのメッセージを受け取ることもある。
 3番目は「フリーフロー(自由遊泳)」では、心の旅をするなり、メッセージを受け取るなり、瞑想を行うなり自由にすればいい。フォーカス12の状態で行えば、気功やヨーガも効果的だと思われる。ただし、ほとんど無音の状態で行うのは、ややモノトーンである。メタミュージックのバイロン・メトカーフや、マックス・コルバッチョなどのアルバムを聴きながらの方が楽しい。フォーカス10から12あたりまで導いてくれるようである。
 4番目は「非言語交信」である。指示されたイメージを、心中に映像化する訓練を行う。外国語教育で使われる「絵教材」を思い浮かべたが、必ずしも簡略化されたイメージでなければならないというわけではないだろう。ついで、フォーカス12の変性意識に移行して、実際にイメージによるメッセージの受信を試みる。与えられたイメージが何を意味するか理解する訓練であり、夢解釈に長けている人間には難しくない。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:54| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

「ゲートウェイ・エクスペリエンス」私見(21)

 ウェーブV最後の「体外離脱」の感覚は、自分にとっては不随意だが、衝撃的なものだった。しかし、ロバート・モンローのように、頻繁に体験する人は珍しい。モンロー自身はヘミシンクの技術を応用する以前から、「体外離脱」を体験していたわけだし、自分の場合も蔵密気功と呼ばれる、チベット密教を中国人向けに簡略化した修行を続けるようになってからである。随分前のことであるが。
 どうして難しいのかと言えば、横になってヘミシンクを行うと、途中で熟睡してしまうからである。明晰夢に似た体験なので、意識を保ちながら夢を見るという、覚醒と睡眠の中間状態を保つ必要がある。しかも、肉体と「第二の体」がずれていく感覚は、期待していると起こらず、期待しないのに勝手に起こるからである。
 とりあえず、「体外離脱」にはこだわらないことにして、ウェーブWの「アドベンチャー」に入ることにした。最初は「向こう1年間のパターン化」である。これはウェーブUで行った「1ヶ月パターニング」の応用である。フォーカス12の意識状態で、未来の理想的なイメージを築き上げるのである。
 フォーカス10ならヘミシンクなしでも可能だが、フォーカス12は意識が物質を超えて拡張した状態なので、ヘミシンクなしで体験するのは難しい。一種の「変性意識」の状態でのイメージ化は、単なる暗示以上の結果をもたらすだろう。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:00| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする