2020年07月05日

崇徳上皇の霊廟(3)

 崇徳上皇は1164年(長寛2)8月26日(新暦では9月21日)に崩御された。御遺言により、稚児が嶽で荼毘に付された。『雨月物語』の「白峰」で描かれた西行が、崇徳上皇の霊廟の前で読経したのは、1166年(仁安元)であるから、崩御から二年後のことである。
 白峯寺の勅額門を過ぎて、右の石段を上れば本堂、大師堂がある。頓証寺殿の左方、細い山道を下るのが、白峰御陵への道である。直径1メートル近くもある巨木の杉が数本、行く手を遮るように立ち並んでいる。しばらく行くと、左方に急な石段が続いており、右方が石の柵に守られた御陵である。
 西行が上皇の菩提を弔うために、夜通し読経したのは、先ほど通った霊廟、頓証寺殿の前とされる。熱意に心動かされたのか、霊廟が震動すると、崇徳上皇の霊が姿を現して和歌を詠まれた。

 松山の浪に流れてこし船の
    やがて空しくなりにけるかな

 西行は涙して、御返歌申し上げた。

 よしや君 昔の玉の床(ゆか)とても
    かからんのちは何にかはせん

 松山の浪に流れ着いた船は、すぐに跡形もなくなってしまったと、上皇は配流の日々の空しさを詠まれた。それに対して西行は、たとえ昔は金殿玉楼におられたとしても、世を去ったのちは、それが何になりましょうか、成仏なさいませと申し上げた。生前の怒りにかられた上皇は声を荒げて、魔王となる決意をした経緯を語られたという。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:05| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芥川龍之介論(ePub)

 芥川龍之介の「河童」「蜘蛛の糸」「藪の中」の三篇を中心に論じたものです。芥川の作品がお好きな方は、ぜひ目を通して下さい。
 
 以下のリンクからダウンロードして下さい。
akutagawaron.epub

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。
 IEでダウンロードした場合は、拡張子をzipからepubに変えて、下記のアプリでご覧下さい。

 ePubはiOSのiPadやiPhoneなどで読むのに適した形式です。iBooksなどでご覧下さい。Windowsでは紀伊國屋書店のKinoppy(http://k-kinoppy.jp/for-windowsdt.html)が、最も美しくePubのファイルを表示します。

 ブラウザからePubを開く場合、Googleのchrome(https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html)なら、プラグインのReadium(http://readium.org/)をインストールして下さい。
 firefox(https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/)にもプラグインのEPUBReader(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/epubreader/)があり、縦書きやルビなどにも対応しています。
 EdgeではePubは開けなくなりました。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。 

 ちなみに、芥川の「侏儒の言葉」を辞書データに変換し、アップロードしてあります。ファイルは汎用性のあるepwing形式です。以下のページからダウンロードできます。
http://takanoatsushi.seesaa.net/article/271093127.html


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:05| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

7月4日はアメリカ独立記念日

 日本では外資の意向を受けて、アメリカ民主党寄りの報道が目立つ。オバマ前大統領が出生を偽っていたスキャンダルや、小児性愛、人身売買の闇については、ほとんど報じられない。トランプ大統領をマスコミが批判ばかりしているのは、上記の諸悪と闘っているのが、トランプ大統領だからである。マスコミは諸悪を隠蔽する側にある。
 独立記念日にトランプ大統領が、どのような発表をするか期待されている。9.11の真実に関しては、すでにYouTubeに映像が出回っている。3.11の闇についても、いずれ明らかにされるのではないか。
 その一方で、アメリカやヨーロッパ、日本が諸悪から解放されるのを、妨害する動きがあるのではないかと懸念される。先般のオーストラリア大火にしても、自然発火などではなく、放火であるという主張がされている。首里城の炎上にしても、漏電にしては燃え方が激しすぎる。
 また、日本周辺の地震活動が活発化しているのも気になる。西之島の大噴火が続いているのは、フィリピン海プレートのひずみが限界に達しているからだ。東京湾や房総半島での群発地震、三浦半島での地殻変動と異臭騒ぎなど、大地震の前兆を示す情報が後を絶たない。東京湾に落ちたとみられる火球も、不吉な印象しかない。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:33| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする