2018年12月12日

余りの寒さに葡萄も冬眠?(1)

 北海道はかつて、縦横無尽に線路が延びる大地だった。鉄道によって開拓が進められたといってもいい。国鉄時代に張り巡らされた路線も、JR発足前後に三分の二が廃止されてしまった。名寄本線や羽幌線、天北線など、百キロを超える長大な路線も姿を消した。ほどなく、留萌本線の全線、日高本線の大半、根室本線や札沼線の一部も姿を消すことだろう。
 ただ、北海道に走っていたのは、国鉄だけではなかった。今は姿を消した私鉄、軽便鉄道、鉱山鉄道や森林鉄道、馬車鉄道など、知る人も少ない路線があったのだ。それについては、以下のページ(http://pyoco3.c.ooco.jp/hokkaido/hokkaido-d.html)をご覧になるといい。
 さて、その夜泊まったホテルも、廃線跡地に建てられていた。路線を走らせていたのは十勝鉄道。甜菜の輸送および通勤の足として活躍した。5つの路線、計60数キロにも及ぶ線路が帯広市や上川郡清水町に伸びていた。
 朝食を終えてチェックアウトすると、ホテルに近い、日産の敷地横に展示された十勝鉄道の蒸気機関車と客車を見た。屋根の下にあるので、ビニールシートはかけられていない。機関車も客車も小さいから、軽便鉄道だったことが分かる。それでも、客車を数両連結して、多くの工場労働者を運んだ。自家用車の普及とともに、1959年(昭和34)に旅客輸送をやめ、2012年(平成24)に貨物輸送も廃止された。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:18| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

写真とエッセイ「立山黒部アルペンルートの旅」(ePub)

 本州にもこんな美しい風景があったのか! 立山、室堂高原、黒部峡谷鉄道の旅を、写真とエッセイで紹介します。現地で撮影した峡谷や高山の自然を、高解像度の写真で収録しました。リフローの電子書籍ePubで提供いたします。約9メガありますので、通信速度が遅い場合は時間がかかります。
 以下のリンクからダウンロードしてください。
tateyama.epub

 iOSではiBooks(https://itunes.apple.com/jp/app/ibooks/id364709193?mt=8)でご覧ください。横向きで見る場合の方が、レイアウトの乱れは少ないです。写真を指でダブルクリックすると、フルスクリーンの写真がご覧いただけます。
 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。
 IEでダウンロードした場合は、拡張子をzipからepubに変えて、下記のアプリでご覧下さい。

 ブラウザからePubを開く場合、Edgeならプラグインなしで読めます。Googleのchrome(https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html)なら、プラグインのReadium(http://readium.org/)をインストールして下さい。
 firefox(https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/)にもプラグインのEPUBReader(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/epubreader/)があり、縦書きやルビなどにもようやく対応しました。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 05:01| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

ぼくがダライラマ?(61)

 ぼくが身をふりほどこうとすると、摂政は皺の深く刻まれた顔で、口答えは許さないといった気迫でにらみつけた。
「猊下は結婚式に出席されるのです。何事もなかったように、祝辞を述べていただきます。臣下はその言葉に感激することでしょう。ダライラマとしての風格が出てきたと、口々に述べることでしょう」
「そんなことはぼくにはできない」
「いやしていただかなくてはなりません。猊下は君臨されているのです。ただ言われるままに振る舞うだけでいいのです。気がつくと、ご自分がダライラマでしかないということ気づくでしょう。死して後まで、猊下は臣下に崇拝される身なのですから」
 ぼくはポタラ宮に連れてこられた頃、摂政に案内された紅宮の墓所のことを思い出した。黄金の霊塔には歴代のダライラマの遺体が納められ、昼なお暗い空間の中で、押しつぶされそうになったのだった。ぼくもあそこに埋葬される! 平民は死ねば身を猛禽に布施して、魂は青空の高みにまで連れていかれるのに。そうした自由さえ許されていないのかと思うと、気が遠くなりそうになった。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:03| Comment(0) | 連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする